• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ディスク型とメモリー型の“いいとこ取り”した新型DB、シアンス・アールが発売

目次 康男=日経コンピュータ 2007/08/23 日経コンピュータ

 シアンス・アールは8月23日、新型のオンメモリー・データベース「Altibase(アルティベース)を発表した。データを格納するテーブルをメモリーとハードディスクの両方に作成でき、用途によって両者を使い分けられる。

 Altibaseの基本的な仕組みは、ハードディスクにデータを格納する従来型のRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)と同じだ。ただし、ハードディスクと同じようにメモリー領域を使える点が異なる。

 検索や集計など高速処理が必要なデータを格納するためのテーブルをメモリー上に作成し、それ以外のテーブルをハードディスク上に作成するといった使い方ができる。システムを止めずに、ハードディスク側からメモリー側にテーブルを移動することも可能だ。複数のサーバー間でデータを複製(レプリケーション)することもできる。

 もう1つの特徴が、データベースを操作するための言語「SQL」を使える点だ。標準規格の「SQL92」だけでなく、米オラクルが独自に拡張した操作言語「PL/SQL」も使える。そのため、「既存のアプリケーションを大きく改変しなくとも、データベースをAltibaseに移行できる」と、シアンス・アールの平岡秀一社長は強調する。

 Altibaseは韓国のアルティベース社が開発したソフトで、同国内では金融機関や製造業など約150システムで採用されている。今回、シアンス・アール社が独占販売契約を結び、初めて日本国内に投入することになった。価格は1プロセッサあたり180万円からで、9月3日から出荷する。稼働OSは、Windows 2000/2003、Red Hat Enterprise Linux ES、UNIX(HP-UX、Solaris、AIX)である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【HDDが壊れたら…】

    なぜハードディスクは壊れてしまうのか

     「ハードディスクからファイルが読み取れなくなった」。ユーザーから見て同じように見えるデータ消失の背後では、精密機械のハードウエアからOSやファイルを構成するデータといったソフトウエアまで、様々な破損が起きている。データ復旧の事前知識として、どうやってデータは“消える”のかを見ていこう。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る