• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

今度は「vvindovvs.com」--「vv」を使ったドメイン名が相次ぐ

勝村 幸博=日経パソコン 2007/07/31 日経パソコン
「vvindowsvista.com」のサイト
「vvindowsvista.com」のサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティベンダーの米サンベルトソフトウエアは2007年7月30日(米国時間)、米マイクロソフトのWindowsに関連しているように見せかけた、紛らわしいドメイン名が複数登録されているとして注意を呼びかけた。例えば、「vvindovvs.com」や「vvindowsvista.com」といったドメイン名が確認されている。

 本物のサイトと見間違えそうなドメイン名を取得することは、フィッシング詐欺などの常とう手段の一つ。今回のケースでは、「w(小文字のW)」を「v(小文字のV)」2つに置き換えている。具体的には、以下のようなドメイン名が確認されている。いずれも、マイクロソフトとは無関係の人物あるいは企業が取得している。

vvindows.com
vvindowsvista.com
vvindowsmedia.com
vvindowsupdate.com
vvindows.info
vvindows.net
vvindovvs.com
vvindovvs.info
vvindovvs.net
ms-vvindows.com

 「w」を「vv」に置き換えた紛らしいドメイン名は、2007年7月25日前後にも確認されている。このときは、「vvindowsupdate.com」というドメイン名で、「Windows Update」サイトと見間違えることを狙っていた。

 上記のいくつかはドメイン名が取得されているだけで、Webサイトは稼働していない。Webサイトが稼働している場合でも、マイクロソフトのサイトに見せかけたようなサイトは今のところ存在しない。とはいえ、今後悪用される可能性があるとして、サンベルトソフトウエアなどでは注意喚起している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「無人」だから客が集まる、チャットボット接客が続々

     小売業界では、販売スタッフの立っている場所で客が立ち寄りやすい店になるか、入りにくい雰囲気の店になるかが分かれるという。立ち寄りやすい店は店員の存在感をあまり感じさせない。この知恵がネットビジネスの分野でも生きようとしている。人に代わって最初に“接客”するのはチャットボットだ。

  • 【AIと倫理】

    脳から学べば汎用AIの実現は近い、開発を萎縮させない議論を

     ドワンゴ人工知能研究所の山川宏所長は、最新の脳神経科学の成果を取り込んだ、汎用AIの研究開発に取り組んでいる。実現する手法として提唱するのが、脳が持つ部位ごとの機能をコンピュータに模倣させ、各機能を連携させることで汎用性の高い知性を実現するという「全脳アーキテクチャ(WBA)」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る