• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

総務省、無線LANを高速化するために電波法を改正

松元 英樹=日経パソコン 2007/06/29 日経パソコン

 総務省は2007年6月28日、次世代の無線LAN規格であるIEEE802.11nの高速化技術に対応するため、電波法施行規則の一部を改正した。従来は無線LANの通信に使う電波は20MHz幅だったが、2倍の40MHz幅が使えるようになった。IEEE802.11nでは2つのチャンネルを使って通信を高速化するチャネル・ボンディング技術を採用している。チャネル・ボンディングが利用可能となったことで、11n方式では理論値300Mbpsの通信速度を実現できる。

 今回の改正によって、既にIEEE802.11a方式の無線LANで使われている5.15G~5.35GHzの帯域では、5.19GHz、5.23GHz、5.27GHz、5.31GHzを中心とした40MHz幅が利用できるようになった。同時に、業務向けの公衆無線LAN接続サービスなどを想定して屋外でも利用できる4.9G~5GHz帯、5.47G~5.725GHz帯でも40MHz幅が利用可能となった。IEEE802.11b/g方式で使われている2.4GHz帯でも40MHz幅の通信を認めた。

 今回の改正に合わせて、バッファローは40MHz幅の通信に対応した無線LAN製品を発表した。NECアクセステクニカも5月23日に対応製品を発表した。IEEE802.11n方式は2008~2009年に正式規格が策定されると見られている新しい無線LAN方式。バッファローやNECアクセステクニカの40MHz対応機器は、IEEE802.11nの草案(ドラフト)規格に沿った製品である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    屋内トレで夏を乗り切る、無料ヨガアプリの実力

     いよいよ夏休み。ひと息ついて、秋から年末にかけての忙しい時期に備えて、エネルギーチャージをしておきたいところだ。それに向けて大事になってくるのが、体のメンテナンスである。そこで今回は、ストレッチやヨガを自宅で実施するための無料iPhoneアプリから、3つを厳選して紹介したい。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る