• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

NTTBP,京浜急行と「ゆりかもめ」の全駅に無線LAN基地局を設置,首都圏で初

稲川 哲浩=日経ニューメディア 2007/05/30 日経ニューメディア

 無線LANネットワークの構築を手がけるNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)は2007年5月30日,京浜急行電鉄と「ゆりかもめ」の全駅構内に無線LAN基地局を設置したと発表した。NTTBPは自社の無線LANネットワークをNTTグループの事業会社に提供しており,その事業会社がユーザー向けのサービスを提供している。今回の基地局整備によって,NTTドコモが京浜急行とゆりかもめの全駅で,NTT東日本が京浜急行の全駅で,それぞれ公衆無線LANサービスを提供する。京浜急行の全駅でのサービスは6月1日に,ゆりかもめの全駅でのサービスは6月4日に始まる。

 NTTBPは既に,京王電鉄や相模鉄道,首都圏新都市鉄道,西武鉄道,東海旅客鉄道(JR東海),東京急行電鉄,東武鉄道,横浜市交通局,南海電気鉄道,名古屋市営地下鉄などと提携して,それぞれの駅構内に無線LAN基地局を設置してきた。首都圏の鉄道で全駅に基地局を設置するのは,今回の京浜急行とゆりかもめが初めてになる。このほか名古屋市営地下鉄では既に,全駅に基地局を設置している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【宅配ピンチ】

    最大手ヤマトの挑戦

     配達現場の負荷をできるだけ減らしながら、消費者に荷物を届ける最終段階のサービスレベルをどこまで維持できるか。最大手ヤマト運輸は「神様」に相応の負担を促し、ベンチャー企業は深夜・早朝限定の配送サービスに挑む。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る