• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

MS Office SharePoint Server,米国防省の電子記録管理基準認定を取得

ITpro 2007/05/30 ITpro

 米Microsoftは米国時間5月29日,同社の企業向けポータル・サーバー「Microsoft Office SharePoint Server 2007」が,米国防総省(DoD)の電子記録用ソフトウエア標準「5015.2 Design Criteria Standard for Records Management」に準拠しているとの認定を受けたと発表した。

 DoD 5015.2に準拠させるにあたって,SharePoint Server 2007では「Exchange Server 2007」を統合し,年内に無料で配布するアドオン・パックによって記録管理機能を拡充した。

 具体的には,コンテンツ管理を社内規制や法的規制などに合わせて柔軟に行えるよう,情報管理および保持機能を用意した。また,記録を保存する「Records Center」のサイト・テンプレートによって,記録の完全性の確保,ルーティングや情報管理ポリシーの実行記録,訴訟や調査と関連のある記録管理などを行えるようにしたという。

 また「eDiscovery」による記録検索や,ファイルの利用権限を管理する「Information Rights Management」などを提供している。

 Microsoft,Office SharePoint Serverグループ担当副社長のJeff Teper氏は,「SharePoint Server 2007の開発では,企業のコンテンツ管理に重点を置いた。DoDの 5015.2認定を受けたことで,企業は安心して同サーバーを利用できるはず」と述べた。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    無線LANの「ただ乗り」はやはり罪に問えない?有識者に聞く

     大手新聞社や通信社は2017年4月27日、無線LANの「ただ乗り」が無罪で電波法違反に当たらないとする判決が東京地裁で言い渡されたと一斉に報じた。報道によると、被告は身元を隠すため、他人の無線LANの暗号鍵を解読して利用。フィッシングの手口などでIDとパスワードを不正に入手し、金融機関サイトにアク…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る