• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

一太郎に“ゼロデイ”攻撃,パッチ未提供のぜい弱性で任意バイナリが実行可能

高橋 秀和=日経コミュニケーション 2007/04/09 日経コミュニケーション

 ジャストシステムは4月6日,同社のワープロ・ソフト「一太郎」シリーズのぜい弱性を悪用したウイルスの存在を明らかにした。「今週前半には修正パッチを配布する予定」(ジャストシステム)。同社は修正パッチの配布までは,信頼できない一太郎文書を開かないよう注意を呼びかけている。

 対象となる製品はビューアを含む一太郎シリーズ全製品。一太郎2005/2006/2007(体験版含む),一太郎ガバメント2006/2007,一太郎 文藝,および一太郎ビューア。拡張子JTDのファイルを開くと,文書ファイルに埋め込んだ任意のバイナリ・プログラムが実行できてしまうぜい弱性を持つ。

 確認されたウイルスは,インターネットからウイルス本体をダウンロードする実行プログラム。米マカフィーによると,キー操作のログを保存・送信するバックドアを作成する「BackDoor-DKI」をWindowsのシステム・フォルダ(通常はwindows/system32)に組み込む(米マカフィーの該当ページ)。

 BackDoor-DKIは2006年12月に最初の存在が確認されたウイルスで,今回の一太郎のぜい弱性を利用したウイルスはダウンロード・サイトのURLを変更した亜種に相当する。同ウイルスの危険度は「低」だが,他のウイルスの媒体やダウンローダとなる別のウイルスが出現する可能性もあり,今回のぜい弱性の危険度は決して低くない。ジャストシステムの修正パッチが公開されるまで,一太郎ユーザーは注意が必要だ。

発表資料へ
米マカフィーの関連サイト

■2007/4/10 19:15追記
ジャストシステムは4月10日,上記のぜい弱性を修正するパッチを公開した(発表資料

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る