• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「Webページ見ただけで感染」をふさぐパッチ,4月3日に公開

中道 理=日経コミュニケーション 2007/04/02 日経コミュニケーション

 米マイクロソフトは2007年4月1日(米国時間),Webページを見ただけで感染するぜい弱性の原因である「アニメーション・カーソルのぜい弱性」をふさぐパッチを4月3日(米国時間)に公開する予定だと発表した(関連記事)。

 同社のセキュリティ担当者のブログに「攻撃発生からこれほど早く出せたのは,2006年12月からパッチ作成に取り組んでいたから」だという。「本来,今回のぜい弱性のパッチは4月10日の定期セキュリティ・パッチとして提供する予定だったが,事態の深刻さを考えて,なるべく早く出すことにした」ようだ。なお,現在テスト中で提供が遅れる可能性があるという。

[Microsoft Security Response Center Blog]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る