• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

無料ソフト集「Googleパック」に2種類のセキュリティソフトを追加

勝村 幸博=日経パソコン 2007/03/28 日経パソコン
「Googleパック」のダウンロードページ
「Googleパック」のダウンロードページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米グーグルは米国時間2007年3月27日、同社が提供する「Googleパック」に、シマンテックのウイルス対策ソフト「Norton Security Scan」や米PC Toolsのスパイウエア対策ソフト「Spyware Doctorスターター エディション」などを追加したことを明らかにした(プレスリリース)。

 Googleパックとは、同社や他社が無償で配布するソフトウエアを集めたパッケージ(関連記事)。英語版は2006年1月に、日本語版は2006年7月に公開された。当初公開されたGoogleパックにもウイルス対策ソフト「Norton AntiVirus 2005特別版」が含まれていたが、無料で利用できるのは最初の6カ月間だけ。それ以降は、シマンテックからライセンスを購入して更新する必要があった。

 今回、Norton AntiVirus 2005特別版に代わる形で追加されたNorton Security Scanでは更新料は不要。ライセンスを購入しなくても検出機能(ウイルス定義ファイル)が自動更新され、ウイルスワームトロイの木馬に分類される悪質なプログラムを検出して駆除する。

 ただし、Norton AntiVirusなどの有償の対策ソフトと比較すると、機能に制限がある。例えば、ウイルスなどの実行をリアルタイムでブロックする機能(いわゆる「リアルタイムスキャン機能」)はない。ハードディスクにウイルスなどが潜んでいないかどうかを、指定した曜日・時刻に定期的に調べる「スケジュールスキャン機能」のみを備える。

 このため、Security Scanだけに頼るのは危険。実際、Security Scanには、「リスクがコンピュータに到達しないように遮断するには、さらに(別の)セキュリティソフトウエアが必要です」と記載されている。また、スパイウエアアドウエアについては、検出して警告するものの駆除はしない。

 スパイウエアやアドウエアを検出・駆除するソフトとしては、Spyware Doctorスターター エディションが追加された。こちらについても、有償版のSpyware Doctorと比較すると、一部の機能や受けられるサポートに制限がある。

 これらに加えて、英語版のGoogleパックでは、好きな画像をスクリーンセーバーに設定できる「Google Photos Screensaver」も追加されてたが、現時点では日本語版には含まれていない(3月28日現在)。

 GoogleパックはグーグルのWebサイトからダウンロードできる。対応OSはWindows XP/Vista。Internet Explorer 6以降あるいはFirefox 1.0以降が必要。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る