• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米連邦地裁,QUALCOMMに開示義務違反があったと判断

ITpro 2007/03/23 ITpro

 米連邦地方裁判所は,ビデオ圧縮規格に関連する米QUALCOMMの2件の特許技術について,同社が業界標準化団体に告知しなかったとして開示義務違反があったと判断した。米Broadcomが米国時間3月22日に明らかにした。

 問題となった2件の特許技術は,QUALCOMMがビデオ圧縮規格「H.264」に関連すると主張するもの。今回の判決により,QUALCOMMは,H.264においてこの2件の特許の権利を主張できなくなった。

 QUALCOMMは2005年10月,Broadcomがこの2件の特許を侵害しているとしてカリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁に提訴した。2007年1月26日,陪審員は全員一致でBroadcomが特許を侵害していないとする評決に達した。陪審員は,Joint Video Team(JVT)がH.264ビデオ圧縮規格の策定を進める最終的な段階で,QUALCOMMがJVTまたはその特許関連組織に対して意図的に特許開示義務を怠ったと判断を下した。

 裁判所は,このような規格策定プログラムにおいて,参加者が特許の開示義務を怠った場合,この規格を採用する企業は別のライセンスを取得する必要が生じるため,同規格の採用が妨げられると指摘している。

発表資料へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAは普通のプロセッサと何が違うのか

     数年前から、FPGAに高い関心が集まりつつある。FPGAそのものは1980年代に初めて製品が登場しているから、もう30年ほどの歴史になるが、人気が上がり始めたのは2010年あたりからになる。これにはいくつかの理由がある。今回はFPGAの特徴と、利用が広がった理由を解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る