• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

ソネット,自社データ通信サービス専用の「W-ZERO3」を販売

榊原 康=日経コミュニケーション 2007/03/23 日経コミュニケーション

 ソネットエンタテインメントは3月22日,シャープ製のスマートフォン「W-ZERO3」(WS003SH)を4月25日から販売すると発表した。同社はMVNO(仮想移動体通信事業者)としてウィルコムから無線設備を借りてPHSのパケット通信サービス「bitWarp」を展開している。W-ZERO3もウィルコムから調達して販売する。

 今回販売するW-ZERO3は,PDA(携帯情報端末)のパケット通信が使い放題になるサービス「bitWarp PDA」専用になる。データ通信のみで,通話はできない。

 端末の価格は6万900円で,色はブラックのみ。4月25日から30日までのキャンペーン期間は4万2000円で販売する。ただし,キャンペーン価格による購入は最低6カ月間の利用が条件となる。bitWarp PDAの料金は月額2107円で,通信速度は最大204kビット/秒。ウィルコムの「W-OAM」(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)と同じ規格の適応変調パケット通信を利用している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る