• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

楽天がRuby on Railsを採用,大規模トランザクション処理などに適用へ

高橋 信頼=ITpro 2007/03/15 ITpro

 楽天は3月15日,オープンソースのWebアプリケーション・フレームワーク「Ruby on Rails」を採用したと発表した。すでに一部で実際のサービスでの利用を始めた。目的は生産性の向上。主に「楽天市場」での大規模トランザクション処理や,高度なセキュリティ処理に対応したサービスを開発していく。

 楽天ではRuby プロジェクトチームを立ち上げ,Ruby on RailsおよびRubyを用いた開発手法の標準化を行い,大規模サービス開発手法の確立を目指す。楽天はLinux,PHP,MySQLなどのオープンソース・ソフトウエアをすでに利用している(関連記事:PHPは100台近く,MySQLは1億レコードのDBで使用---楽天 開発推進部長 安武弘晃氏に聞く)が,さらに生産性を追及するためRubyを採用した。

 Rubyの採用にあたっては,Rubyの作者まつもとゆきひろ氏が在籍するネットワーク応用通信研究所が協力した。楽天のチームはネットワーク応用通信研究所のRailsトレーニングプログラムを受講。ネットワーク応用通信研究所が開発した開発基盤「Rails Platform」を利用している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USBコネクタの互換性、知っておきたい3つの常識

     USB HDDに付属する専用ケーブルを忘れてデータが取り出せない、USB 3.0を示す青色ポートが見当たらない、形状の合ったケーブルなのに速度が出ない。これらのトラブルに直面しても、互換性を重視してきたUSB仕様の常識を知っておくと困らずに済む。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る