ネットワーク

ネットワークのトピックス-PR-

ASP,内線500台まで対応するAsteriskアプライアンスを発売

2006/12/20
山崎 洋一=日経コミュニケーション (筆者執筆記事一覧
ASPが発売したAsteriskアプライアンス「AT-3000シリーズ」(左),「AT-5000シリーズ」(右)
ASPが発売したAsteriskアプライアンス「AT-3000シリーズ」(左),「AT-5000シリーズ」(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソースのIP-PBXソフト「Asterisk」のソリューションを手がけるASPは12月20日,Asteriskベースのアプライアンス「AT-3000シリーズ」「AT-5000シリーズ」を発売した(写真)。販売中の「AT-2000」の上位機種に当たる。

 AT-3000シリーズは中規模オフィス向けで,外線が同時10チャネル,内線電話100台までに対応。冗長化構成はオプションとなる。AT-5000シリーズは大規模オフィスやコール・センター向けで,外線が同時50チャネル,内線電話500台まで対応し,標準で2台の冗長構成を採れる。各シリーズとも,きょう体はラックマウント型とタワー型の2種類を用意した。外線接続には協業するユーエフネットのインターネット電話サービス「G-LEX」を利用できる。

 価格は,アプライアンス本体,各種費用(サーバー搬入費/配送料/G-LEXを含む初期設定費用/IP電話機設定費用/システム・サポート費用1年分),IP電話機を含むパッケージ販売価格を発表している。AT-3000シリーズはサーバー1台,電話機100台,各種費用を合わせて400万円程度。AT-5000シリーズはサーバー2台,電話機500台,各種費用を合わせて2000万円程度。

 なおASPは,今回のラインアップ強化に伴って販売代理店と施工業者の募集を開始した。全国で100社の代理店体制を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

すべてわかるLTE-Advanced大全

2020年に向けたモバイ
ルの進化がわかる!
激変する携帯市場の
競争を徹底分析