• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米ゲートウェイ、ソニー製バッテリーの自主交換を実施

井原 敏宏=日経パソコン 2006/10/24 日経パソコン

 米ゲートウェイは2006年10月24日、同社製のノートパソコンが搭載するソニーエナジー・デバイス製のリチウムイオン2次電池を自主交換すると発表した。国内で回収対象となるバッテリーパックを搭載するノートパソコンの総数は約500台。

 回収対象となるバッテリーパックを搭載するのは、2005年9月以降に全世界で出荷した約3万5000台のノートパソコン。そのうち、国内で対象となる製品は「MX1020j」の一部で、約500台だ。ユーザーが所有する製品が交換対象であるかどうかを確認するには、同社の日本向けWebサイトで提供している診断ツールを利用するか、電話(0120-574-222)で問い合わせることができる。

 ソニーエナジー・デバイス製のリチウムイオン2次電池は、限られた環境下で発熱または発火の可能性がある。ソニーは2006年9月29日、問題となったリチウムイオン2次電池を使ったバッテリーパックを、全世界で自主交換すると発表している。ソニーの自主交換プログラムには、デル、アップルコンピュータ、レノボグループ、東芝、富士通、シャープなどが実施を表明している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【最新Java情報局】

    Java SE 9のProject Kulla、JShellの動作とJShell API

     3回に渡ってProject Kullaで提供しているJShellの使い方について紹介してきました。今回は、ちょっと趣向を変えて、JShellが提供しているAPI、JShell APIについて解説します。JShell APIを使えば、アプリケーションにJShellの機能を取り入れることができます。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る