• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

エニーユーザー,中小企業向けIPセントレックスを開始

山崎 洋一=日経コミュニケーション 2006/10/18 日経コミュニケーション
写真 エニーユーザーの「のぞみ電話」で使う携帯型端末
写真 エニーユーザーの「のぞみ電話」で使う携帯型端末
[画像のクリックで拡大表示]

 エニーユーザーは10月18日,「のぞみ電話」と呼ぶIPセントレックス・サービスを開始した。IP-PBXの導入や運用は不要で,エニーユーザーが販売するIP電話機をインターネット環境につなぐことで利用できる。専用のネットワークが不要なプロバイダ・フリー型のサービスで,場所を問わず利用できる。

 のぞみ電話では内線通話,保留,転送などの機能を使える。外線の発着信も可能で,加入者には050番号が付与される。電話機は独自のNAT(network address translation)越え技術を採用しており,LANにつなぐだけで利用できるという。電話機は固定型のほか無線LANに対応する携帯型(写真)も用意。簡易的なモバイル・セントレックスとしても利用できる。

 サービス料金は,内線は5回線までの場合で1回線あたり月額1575円。外線は1回線あたり同924円。初期費用が別途かかる。通話料金はのぞみ電話のユーザー同士は無料,加入電話へは全国一律3分8.4円,携帯電話は1分16.8円など。IP電話機は,固定型と携帯型とも直販の場合で3万円程度になる見込み。

 宮町秀恒・代表取締役社長は「中小企業だけでなく,プロバイダを問わないため工事現場のような出張所,短期賃貸マンションやモデルルーム,派遣先,イベントなどの短期利用も想定している。海外でも使える」とアピールしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る