• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Fedora Core 6の正式版公開が再延期に

10月19日まで持ち越される予定

ライター 福田 和宏 2006/10/17 日経Linux

 Fedora Projectは2006年10月16日(米国時間),Linuxディストリビューションの最新版「Fedora Core 6」(正式版)の公開を10月19日(米国時間)に再延期することを発表した。Fedora Coreは先進的な機能をいち早く搭載することで人気のあるLinuxディストリビューションで,個人ユーザーを中心に広く利用されている。

 Fedora Projectは当初,10月11日(米国時間)にFedora Core 6を公開する予定だったが,10月17日(米国時間)に延期していた(関連記事「Fedora Core 6の正式公開は10月17日に延期へ」)。

 リリースを再延期した理由は,先週末から週明けにかけて新たな不具合が見つかったため。こうした不具合には,いくつかのライブラリのディレクトリ構成の間違い,fedora-releaseパッケージの更新し忘れ,などがある。

 新たに発表された今後の予定は,16日の夜(米国時間)に不具合を修正し,イメージの作成などを行うとしている。ただし,それでも問題が見つかった場合は来週明けまで公開がずれ込む可能性もあるという。

【10月18日追記】
 さらに9つのバグ(不具合)が見つかったこともあり,公開は24日に再々延期された。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはどれくらい速いの?

     第5世代移動通信システム(5G)の利用者が体感できる実効速度は、現行の4G(LTE)の100倍に当たる毎秒数百メガ~数ギガビット。携帯最大手のNTTドコモはそう想定する。通信条件の良いピーク時の実効速度は、サービス開始当初は毎秒数ギガビットにとどまるが、その後毎秒10ギガビット以上へと段階的に速ま…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る