• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

高速電力線通信の屋内利用がついに解禁,4日付けで法改正

高橋 秀和=日経コミュニケーション 2006/10/04 日経コミュニケーション

 総務省は10月4日,高速電力線通信(PLC)の国内利用を屋内に限り認めるよう省令を改正した。漏えい電波の規制値やエンドユーザーが免許不要で利用できる製品を認可する手続きなどを告示。メーカーからの申請受付を始める。

 省令改正を受け,メーカーは「個別許可」あるいはユーザーが個別に免許申請が不要な「型式指定」を取得する作業を開始する。前者はマンションなどへの組み込み,後者は量販店の店頭などで小売りされる製品を対象にするもの。型式指定を受けた製品は,無線LAN機器と同様に家庭やオフィスの屋内であれば自由に利用できる。

 審査にかかる時間については「初めてのケースなので何とも言えない」(総務省)とする。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「無人」だから客が集まる、チャットボット接客が続々

     小売業界では、販売スタッフの立っている場所で客が立ち寄りやすい店になるか、入りにくい雰囲気の店になるかが分かれるという。立ち寄りやすい店は店員の存在感をあまり感じさせない。この知恵がネットビジネスの分野でも生きようとしている。人に代わって最初に“接客”するのはチャットボットだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る