• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

総務省,IP電話などの信頼性を高めるための技術基準を検討開始

榊原 康=日経コミュニケーション 2006/09/22 日経コミュニケーション
写真 IPネットワーク設備委員会 安全・信頼性検討作業班の会合の様子
写真 IPネットワーク設備委員会 安全・信頼性検討作業班の会合の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 総務省は9月22日,IPネットワークの信頼性を確保するための管理方法や技術基準を検討する「IPネットワーク設備委員会 安全・信頼性検討作業班」第1回会合を開催した(写真)。IP電話をはじめとするIP系サービスの障害が増え,障害の大規模化や長期化が進んでいることに対処するのが狙い。

 総務省によると,2005年度に起こった通信サービスの事故は把握している分だけで70件。そのうち,27件がIP電話などのIP系サービスで,増加傾向にある。事故の半数以上がソフトウエアなどの不具合によるもので,人為的なミスも増えているという。さらに,復旧時にサーバーが高負荷になって再起動を繰り返すなど障害が長期化する傾向にある。「早くても4~10時間,長い場合は3~4日かかるケースもある」(電気通信技術システム課)。

 第1回会合では,NTT,KDDI,日本テレコムの各事業者から安全・信頼性対策の現状をヒアリングした。NTTは持ち株会社の第二部門次世代ネットワーク推進室の雄川一彦・担当部長が取り組みを説明。19日から21日かけてNTT東日本の「ひかり電話」で発生した障害については「原因は現在究明中。解明した上で近々公表させていただく」とした。また「IP電話にぜい弱性があるわけではない。まだ発展途上の段階にあり,トラフィック制御やオペレーションに関する技術基準や必要機能などを今後検討していく必要がある」との意見を示した。

 次回の会合は10月下旬に開催する。携帯電話事業者,電気通信事業者協会(TCA)の安全信頼性協議会などから安全・信頼性対策の現状をヒアリングする予定である。作業班では2007年3月をめどに技術基準の素案をまとめ,親会のIPネットワーク設備委員会を通じて情報通信審議会の答申を受ける。最終的には省令などへ反映していくことになる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    CES 2018で感じた5つのインパクト

     2018年1月9日~12日に米国ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2018」。スタートアップ企業を中心とした取材から、「CESと縁のなかった企業の参入」「国対抗のイノベーション競争」など5つのトピックスを紹介する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る