• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

【WIRELESS JAPAN】NTTドコモが同社初のWindows Mobile端末「hTc Z」を展示

山本 哲史=ITpro 2006/07/19 ITpro
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは7月19日から東京ビッグサイトで開催中のWIRELESS JAPAN 2006で,7月31日に出荷予定のWindows Mobile 5.0搭載スマートフォン「hTc Z」を展示している。会場に用意された端末は少なめだが,説明員に一言断れば実際に触ってみることができる。出荷前に一般の人々が実機に触れられる機会とあって,NTTドコモのブースの中でもひときわにぎわっていた。

 実機を触った来場者の多くが口にした質問は,「なぜ法人向け販売しかしないのか」。これに対して同社は,「コンシューマ向けに販売しても売れるのはまず間違いない。ただ,パワー・ユーザーが使い倒した端末がドコモショップに持ち込まれたような場合,現時点ではショップで対応するのが難しい。システムとしての販売なら,こうした問題は起こらない」(同社説明員)とする。

 hTc Zは,台湾High Tech Computer(HTC)が開発した第3世代携帯電話機能を備えたWindows Mobile端末。NTTドコモのFOMA(W-CDMA)に加えて,世界で主流のGSMの通信機能を備える。高さ112.5ミリ,幅58ミリ,厚さ21.95ミリ,重量176グラムと,通常の携帯電話とそれほど変わらないにもかかわらず,QWERTY配列のキーボードを備えるのが特徴。240×320ピクセルの2.8インチカラー液晶,200万画素のデジタルカメラ,無線LAN(IEEE802.11b/g)機能などを搭載する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る