• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米Parallels,仮想マシン・ソフトのIntel Mac版を発売

田島 篤=日経Linux 2006/06/16 日経Linux
写真1 「Parallels Workstation 2.1 for Mac OS X」の動作画面。Mac OS X上で動作するParalles内でFedora Core 5が動作している
写真1 「Parallels Workstation 2.1 for Mac OS X」の動作画面。Mac OS X上で動作するParalles内でFedora Core 5が動作している
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 Parallelsのウインドウ内にFedora Core 5のログイン画面が表示されている
写真2 Parallelsのウインドウ内にFedora Core 5のログイン画面が表示されている
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 ゲストOSの種類を指定する画面
写真3 ゲストOSの種類を指定する画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Parallels社は2006年6月15日(米国時間),仮想マシン・ソフト「Parallels Workstation 2.1 for Mac OS X」(写真1)を発売した。米Intel社のCPUを搭載したMacintoshで動作する初めての仮想マシン・ソフトとなる。価格は79.99米ドル。ただし,発売日から30日以内は49.99米ドルで購入できる。同社サイトから製品購入および15日間試用するためのキーの入手ができる。

 Parallels社は,Linux向けとWindows向けの製品「Parallels Workstation 2.1 for Windows & Linux」を既に発売済み。Macintosh向けには2006年4月からベータ版を公開していた。

 Parallels Workstation 2.1(以下,Parallels)は,ソフトウエアで擬似的にパソコンを実現する仮想マシン・ソフト。ParallelsにLinuxやWindows XP,OS/2,MS-DOSなどのパソコン用OSをインストールして,Mac OS X上で利用できる。ベータ6で試したときには,Fedora Core 5をインストールして動作できた(写真2)。ベータ6では,Parallelsのウイザード画面に従って新規のOSを導入するときにLinuxを選択すると,Red Hat Linux,Debian GNU/Linux,Fedora Core,Fedora Core 5,SUSE Linuxなどが選択できた(写真3)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【情総研レポート】

    IT業界が期待する新たな営業手法、インサイドセールス

     勤務先に名前も聞いたことのない会社から電話が入る。出てみるとマンションなどの不動産投資の勧誘だった──。 電話で営業というと、あまり良いイメージがないのは筆者だけではないだろう。だが、こうした手法が姿を変え、今や米国で営業の代表的手段となった。それが「インサイドセールス」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る