• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Webブラウザ「Firefox」の新版がリリース,セキュリティ・ホールを修正

勝村 幸博=ITpro 2006/05/04 ITpro

 Mozilla Foundationは米国時間5月2日,Webブラウザ「Firefox」の新版Firefox 1.5.0.3をリリースした。新版では,4月末に発見されたセキュリティ・ホールが修正された。Firefox 1.5.0.3は,Mozilla Japanのサイトなどからダウンロードできる。

 Firefox 1.5.xには,細工が施されたWebページにアクセスするだけでFirefoxが異常終了するセキュリティ・ホールが見つかっている(関連記事)。異常終了させられるだけではなく,任意のプログラムを実行させられる可能性もあるという。

 今回公開されたFirefox 1.5.0.3では,このセキュリティ・ホールを修正。同時にMozilla Foundationでは,このセキュリティ・ホールを「Mozilla Foundation Security Advisory(MFSA)2006-30」として公表した(Mozilla Japanによる日本語訳)。なお,Firefox 1.0.xやMozilla Suite 1.7.xには,このセキュリティ・ホールは存在しない。

 Firefox 1.5.0.3日本語版は,Mozilla Japanのサイトなどからダウンロードできる。現在用意されているFirefox 1.5.0.3日本語版は,Windows/Linux/Mac OS X(Universal版・PowerPC専用版)用。

◎参考資料
Mozilla Firefox 1.5.0.3 Release Notes
Mozilla Firefox 1.5.0.3リリースノート
Mozilla Foundation Security Advisory 2006-30
Mozilla Foundation セキュリティアドバイザリ 2006-30
Firefoxをダウンロード

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る