• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「携帯電話を狙うウイルス,半年で2倍に」---F-Secure

勝村 幸博=ITpro 2006/05/01 ITpro

 セキュリティ・ベンダーのフィンランドF-Secureは現地時間4月27日,携帯電話機や携帯端末機器で動作するウイルス(悪質なプログラム)の確認数が,4月中旬に200種類を超えたことを明らかにした。ここ半年で2倍に増えているという。

 同社によると,確認されたウイルスの多くが,既知ウイルスを改変した亜種(変種,variant)であるという。現時点では,携帯電話ウイルス(モバイル・マルウエア:mobile malware)は“テスト段階”であり,今後は,パソコンに感染するウイルス(PC malware)の手法が,携帯電話に“応用”されていくだろうと予測する。

 携帯電話ウイルスの新たなトレンドとしては,スパイウエアの“機能”を持つ「Flexispy」(関連記事)や,ユーザーをだましてJava携帯に感染する「RedBrowser」(関連記事)などを挙げている。

 今後,携帯電話による料金振込みや“おサイフケータイ”といったお金にからむサービスが普及するにつれて,ウイルス作者は今まで以上に携帯電話を狙うことが予想されるので,サービス提供者や機器ベンダーはセキュリティを十分考慮する必要があるとして,同社では注意を呼びかけている。

◎参考資料
New Century in Mobile Malware

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る