• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Webブラウザ「Opera」の新版,Flash Playerの危険なセキュリティ・ホールを修正

勝村 幸博=ITpro 2006/04/06 ITpro
Opera for Windows 8.54日本語版
Opera for Windows 8.54日本語版
[画像のクリックで拡大表示]

 ノルウェーOpera Softwareは現地時間4月5日,Webブラウザ「Opera」の新バージョン8.54をリリースした。新版の対応OSはWindows/Mac OS/Linux/FreeBSD/Solaris。同社のダウンロード・ページから入手できる。Windows版では,プラグインのFlash Playerが,危険なセキュリティ・ホールを修正したバージョン7.0.63.0に更新されている。

 WindowsおよびMac OS対応版については,英語版に加えて,日本語版などが用意されている。Linux/FreeBSD/Solaris版については,英語版のみが公開されている。

 新版では,米Googleが提供するメール・サービス「Gmail」での不具合や,安定性の問題が修正されている。加えてWindows版では,2006年3月に見つかったFlash Playerのセキュリティ・ホールが修正されている(関連記事)。具体的には,セキュリティ・ホールを修正したFlash Playerがプレインストールされている。今までのバージョンにプレインストールされていたFlash Playerプラグインには,このセキュリティ・ホールが存在する。

 このため,Windows版についてのみ,Opera Softwareでは「このバージョンは,推奨されるセキュリティ・アップグレードである(This release is a recommended security upgrade for users of Opera for Windows.)」としている。

 OperaにプレインストールされているFlash Playerプラグインは,「Macromedia Flash Player ダウンロードセンター」から個別にアップデートすることもできる。まだアップデートしていないユーザーは,Operaのバージョンアップあるいはプラグインのアップデートで,セキュリティ・ホールを解消しておきたい。

 なお,現在プラグインされているFlash Playerのバージョンは,Operaで「Macromedia Flash Player」にアクセスすれば確認できる。バージョンが8.0.24.0以降(8.0.24.0を含む)あるいは7.0.63.0以降(7.0.63.0を含む)ならば問題はない。

 OperaのプラグインFlash Playerを8.0.24.0にバージョンアップした後,Operaをアップグレードした場合(旧版を上書きインストールした場合)には,Flash Playerのバージョンは8.0.24.0のまま。バージョン7.0.63.0にはならない。

◎参考資料
Download Opera
Changelog for Opera for Windows 8.54
Changelog for Opera for Macintosh 8.54
Changelog for Opera for Linux 8.54
Changelog for Opera for FreeBSD 8.54
Changelog for Opera for Solaris 8.54

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【情総研レポート】

    IT業界が期待する新たな営業手法、インサイドセールス

     勤務先に名前も聞いたことのない会社から電話が入る。出てみるとマンションなどの不動産投資の勧誘だった──。 電話で営業というと、あまり良いイメージがないのは筆者だけではないだろう。だが、こうした手法が姿を変え、今や米国で営業の代表的手段となった。それが「インサイドセールス」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る