• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

カリタス学園が沖のサーバーで無線IP電話システム導入、端末はNTTドコモ

市嶋 洋平=日経コンピュータ 2006/04/06 日経コンピュータ

 沖電気工業は4月6日、カリタス女子中学高等学校(川崎市)の新校舎に教職員が使うIP電話システムを納入したと発表した。沖電気のIP電話サーバー「IP CONVERGENCE Server SS9100」を設置し、キャンパス内すべてのIP電話機の通話を制御する。システム構築は沖ウィンテック、関電工、戸田建設の3社が担当した。

 特徴はIP電話機として、NTTドコモの「FOMA/無線LANデュアル端末」を採用したこと。学内に無線LANのアクセス・ポイント(AP)を188台導入し、電波が届く範囲であれば内線通話を可能とした。FOMA/無線LANデュアル端末は教職員向けに70台導入した。このほか、固定型のIP電話機を36台導入した。学内での教職員の呼び出しに放送を利用していたが、今後は内線番号で直接呼出すこととなる。

 FOMA/無線LANデュアル端末のほとんどは、NTTドコモと携帯電話のサービス契約を結んでいない“白ロム”端末。カリタス学園は無線LAN接続のIP電話端末として使っている。

 ただし、教職員がNTTドコモのFOMAサービスを個人的に契約していれば、一つの端末を内線と外線の両方に利用する「モバイル・セントレックス」化も可能。自分のFOMA端末に装着している契約者カードを外し、支給されたFOMA/無線LANデュアル端末に挿入することで携帯電話サービスが利用できるようになる。電話番号は自ら契約しているFOMAと同じ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る