• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

カリタス学園がN900iLを70台導入,大半が社内限定の“白ロム”

小野 亮=日経コミュニケーション 2006/04/06 日経コミュニケーション

 川崎市にある学校法人カリタス学園は,新校舎が完成した3月末からNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」などを使った新内線システムを稼働させた。教職員同士による通話コスト削減のほか,各拠点のPBXを1台のSIP(session initiation protocol)サーバーに集約することによる保守費用の削減にも期待している。

 今回稼働した内線システムは,沖電気工業のSIPサーバー「IP CONVERGENCE Server SS9100」と無線LANアクセス・ポイント(AP)「MWINS BR2102」188台,固定型多機能IP電話機36台を使用。教職員に配布されたN900iLは全端末数70台のうち66台が,FOMA機能を持たず内線用に無線IP電話機能しか持たない“白ロム”である。

 新校舎に張り巡らされた無線LANは,音声通信とデータ通信の両方の用途で使う。無線LAN APのMWINS BR2102は,IEEE 802.11a/b/gの同時利用が可能。802.11bを使う無線IP電話の通話を802.11aを使うデータ通信と分けることで,干渉を受けない構成とした。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る