• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「毎月3日にファイルを破壊するウイルス」,インドでは5000台が被害に

勝村 幸博=ITPro 2006/02/07 ITpro
CME-24によってデータを破壊されたファイルの例(<a href="http://www.f-secure.com/weblog/archives/archive-022006.html#00000804" target=_blank>F-Secureの情報</a>から引用)
CME-24によってデータを破壊されたファイルの例(<a href="http://www.f-secure.com/weblog/archives/archive-022006.html#00000804" target=_blank>F-Secureの情報</a>から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 フィンランドF-Secureは2月7日,インドでは4800台から5000台のパソコンが「CME-24」ウイルスの被害に遭ったことが確認されたとDamage figures in India伝えている。CME-24とは,毎月3日にファイルを破壊するウイルス。2月3日が最初の“破壊日”だったため,セキュリティ・ベンダー各社は注意を呼びかけていた。

 ウイルス(マルウエア)の“通し番号”であるCME IDが「CME-24」にアサインされた今回のウイルスは,Nyxem(Nyxem.E),Blackworm,Blackmal,MyWife.D,MyWife.E,VB.bi,Kama Sutraなどとも呼ばれている。同ウイルスに感染すると,毎月3日に起動した際に,アクセス可能なドライブに保存された文書ファイルなどが破壊される。

 セキュリティ・ベンダーや組織によると,ワールドワイドでは,それほど大きな被害は確認されなかったという。しかしながら,インドでは5000台程度のパソコンにおいて,文書ファイルの破壊が確認されたとする。

 インドは,同ウイルスに感染したパソコンが多いとされていた国の一つ。そのほか,ペルーやトルコも感染パソコン数が多い国として挙げられていた。

◎参考資料
Damage figures in India(フィンランドF-Secure)
It is already Feb 3rd!(米SANS Institute)
CME-24 aka blackworm update(米SANS Institute)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る