• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

米ヴイエムウエア、サーバー向けのOS仮想化ソフトを無償提供

北郷 達郎=日経コンピュータ 2006/02/07 日経コンピュータ

 米ヴイエムウエア社は2006年2月6日(現地時間)、同社の主力製品の一つであるサーバー向けOSの仮想化ソフト「VMware Server」を無償で公開すると発表した。すでにベータ版が同社のサイトからダウンロードできる。正式版の公開開始は2006年第2四半期中を予定している。

 無償公開するのはサーバー向けのエントリ版で、これまで「VMware Server GSX」と呼ばれていたものの後継版に当たる。あるOS(ホストOS)が動作している環境にこのソフトをインストールすると、複数の仮想的なOS環境(ゲストOS)が利用可能になる。今回公開するのはサーバーOSをゲストOSとして利用できるバージョンである。ホストOSはWindowsまたはLinuxで、64ビット版も利用できる。ゲストOSはLinux、Netware、Solaris、Windowsを利用可能。米インテル社や米AMD社の64ビット拡張命令や、仮想化技術に同社として初めて正式に対応した。同社としては、上位版である「VMware ESX Server」への移行パスとなることを期待している。「VMware Serverにより、OSの仮想化がもたらすメリットを体験してもらい、企業全体で仮想OS使うようになってもらいたい」(ダイアン・グリーン同社社長)。

 サポートが必要なユーザーに対してはサブスクリプションに基づくサポート・サービスを有償で提供する。なお日本での対応について、代理店であるネットワールドは正式版出荷時点からVMware Serverに切り替えていくという。日本語でのサポートを提供することになる見込みだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る