• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

【速報】東証のCIOにNTTデータ子会社社長の鈴木義伯氏

大和田 尚孝=日経コンピュータ 2006/01/24 日経コンピュータ

 東京証券取引所は1月24日、新設のCIO(最高情報責任者)に、NTTデータの子会社であるNTTデータフォース社長の鈴木義伯(すずき・よしのり)氏(57歳)をあてる人事を発表した。2月1日付で執行役員に就く。同時に経営企画室にIT企画室を設置、本格的なシステム増強などに着手する。東証は昨年、システム障害が相次いだことからCIO職の新設を決め、公募する方針を打ち出していた。

 鈴木氏は1972年に日本電信電話公社に入社、88年7月にNTTデータ通信(当時)に移り、金融システム担当部長に就任。2001年取締役金融システム事業本部第二金融システム事業部長、2004年リージョナルバンキングシステム事業本部長を経て、2005年6月にNTTデータフォースの社長に就任していた。

 NTTデータフォースはNTTデータが買収した横浜銀行のシステム子会社。現在はNTTデータの100%子会社になっている。

【緊急特集】東証システム問題へ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る