• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

【TRONSHOW】東大坂村研、36万種類の漢字フォントを無償公開

2005/12/13 日経コンピュータ
[画像のクリックで拡大表示]


 東京大学大学院情報学環の坂村健研究室は2005年12月13日、「T書体セット」を発表した。3書体で12万文字、合計36万種類の漢字フォント・データである。同14日に開幕する展示会「TRONSHOW2006」で展示した後、来春に研究室のWebサイトで無償公開する。住所や氏名などを正確に表記する際に必要な珍しい文字もカバーしており、国内においては「ほぼ外字を使わなくて済む」(坂村教授)という。このフォント・データを使えば、自治体などで外字の作成や管理にかけていた手間を省ける。

 T書体セットは、JIS第一水準、第二水準に含まれないさまざまな文字を表記できる。同じ意味の漢字でも、部首や画数が異なる書き方が存在する「異体字」にも対応した。従来、同研究室が公開してきた7万文字1書体(明朝体)の漢字フォントを強化し、明朝/ゴシック/楷書の3書体をそろえた。BTRON3仕様に基づきパーソナルメディアが開発・販売するOS「超漢字4」のほか、組み込み用OS「T-kernel」に対応する。Windowsでは登録できる文字数が制限されているため、T書体セットから必要な文字を選び、外字登録して使う必要がある。

(本間 純=日経コンピュータ)

■TRONSHOW2006の特設ページはこちら

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る