• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

アマゾン ジャパン、米国以外では初の「スポーツ」ストアをオープン

原 隆=日経パソコン 2005/11/17 日経パソコン

 「Amazon.co.jp」(http://www.amazon.co.jp/)を運営するアマゾン ジャパンは11月17日より、スポーツ関連商品を販売する「スポーツ」ストアを開始した。アマゾンは米国を含む約7カ国で事業を展開しているが、「スポーツ」ストアの開設は米国以外では初めてになる。国内でオープンさせたストアはこれで10個目。

 カテゴリーはゴルフ、アウトドア、釣り、野球、サッカー、テニスなど約17種で、商品数は約10万点。取り扱うメーカーは約600社。常時10~20%の割引を行う。特にゴルフ商品については最大20%のAmazonギフト券を還元する。商品はメーカーや価格、男女別といった検索が可能で、サイズ、色、機能などは表示している画面上でプルダウンメニューから選択できる。ほかのストアと同様、1500円以上の購入で国内配送料は無料になる。

 米国のAmazon.comでは同様の「Sports & Outdoors」ストアを2003年にオープン。開始時は50種類のカテゴリーで約30万点の商品を取り扱っていたが、2005年では80種類で、約100万点にまで拡大。主要とされるスポーツ以外の製品も扱っており、クリケット、フィールドホッケー、フェンシング、ポロなど「顧客のニーズは実に多岐にわたっている」(米Amazon.com、スポーツ&アウトドア ディレクターのジェイソン・ゴールドバーガー氏)という。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る