• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「まだまだLinuxは進歩する」、IPAがオープンソースの検証結果を公開

森側 真一=日経コンピュータ 2005/11/16 日経コンピュータ
[画像のクリックで拡大表示]

 情報処理推進機構(IPA)は11月16日、LinuxやJBossなどオープンソース・ソフト(OSS)の性能や信頼性を評価したプロジェクトの成果を発表した。NTTデータ、新日鉄ソリューションズ、日立製作所などベンダー11社が調査を実施。結果は1400ページにも上り、IPAのホームページで公開する。「Linuxは少し改良を加えただけで10%性能が上がった。まだまだ進歩する余地がある」と、調査を担当した日本OSS推進フォーラム開発基盤WGの鈴木友峰主査は語る(写真)。

 この調査は、「性能・信頼性評価、障害解析ツール開発プロジェクト」。OSS活用基盤整備事業の一環として、年間予算は約1億円をかける。2004年から開始し、今回は2005年上半期の結果をまとめた。

 性能・信頼性の調査対象はLinux、Webサーバー、DBサーバー。WebサーバーはTomcatとJBoss、DBサーバーはPostgreSQLとMySQLを対象とする。加えて、Linux用とWebサーバー用にそれぞれ障害解析ツールを開発した。

 今回、クラスタ構成のシステムや、64ビット・プロセッサのサーバーで構築したシステムを新たに調査。その結果、「JBossのクラスタリング機能は高負荷時に適切に機能しない」、「PostgreSQLの場合、IA32サーバーに比べEM64Tサーバーは5%程度しか性能が向上しない」といったことが明らかになった。

 この調査や改善実施の結果を、LinuxやJBossの開発コミュニティに渡し、一部はすでに採択された。日本のベンダーがコミュニティに貢献する手段として確立しつつある。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る