ソフト開発のトピックス-PR-

VS 2005のExpress Editionは事実上,無償提供へ

2005/11/08
道本 健二=日経ソフトウエア (筆者執筆記事一覧
 ついにVisual Studio(VS)の一部無償提供が始まった。米Microsoftは2005年11月7日,VSの新版であるVS 2005のうち入門者向けのExpress Editionを1年間限定で無償ダウンロード可能とした。同社のWebサイトから,誰でも(MSDN登録ユーザーに限ることなく)Visual Basic,C#,C++,J#の各Express Editonをダウンロードできる。日本法人のマイクロソフトによると,日本語版についても同様の扱いになる予定である。日本語版の提供開始時期は,11月17日に開催されるVS 2005のイベントで発表される見込み。

 ダウンロードできるExpress Editonは,期間や機能を限定した評価版ではなく,製品版と同じものである(ダウンロード後にユーザー登録してキーを入手する必要がある)。入門者向けとはいえ,製品版のVSを一般に無償提供するのは,VSの歴史上初めてのことである。

 さらにマイクロソフトは,日本時間の11月7日に発表したアカデミック向け施策の中で,製品版のExpress Editionを雑誌や書籍の付録として配布することを認めている。今回の無償ダウンロードは1年間限定だが,Express Editionの日本語版は,パッケージ製品(推定小売価格4800円)より安価な,雑誌や書籍で入手可能になるだろう。

 これまで米Microsoftは,Eclipseに代表されるオープンソースの開発ツールが一般ユーザーにまで浸透していく中にあっても,試用版や評価版を除いてVSを無償提供することはなかった。しかし,アプリケーションの開発/実行環境が .NET Frameworkに移行したVS .NET以降,VSはかつてのような人気ツールではなくなりつつあった。特に,初級者/入門者に絶大な人気があったVBは,ユーザー数がどんどん減る傾向にある。今回のExpress Editionの提供は,こうした状況に歯止めをかけようというMicrosoftの危機感と意気込みの表れと言えるだろう。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

アプリケーション/DB/ミドルウエア

>>もっと見る

▲ ページトップ

これからのIT投資術-PR-

ピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

最新号

注目の新刊書籍

好評発売中!



いますぐExcel VBAが使えるようになる本

「メンドウ」なExcel VBAが「カンタン」にわかる!Excel VBAでいますぐ日常業務を自動化したい人に向けた一冊です。