• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

次期国策スパコン、開発主体に理研を選定

本間 純=日経コンピュータ 2005/10/18 日経コンピュータ

 2010年度に稼動予定の国策スーパー・コンピュータ「京速計算機システム」を、理化学研究所(理研)が開発することが事実上決まった。10月11日、文部科学省の情報科学技術委員会 計算科学技術推進ワーキンググループで、約20人の委員が投票を実施。同18日にその結果がまとまり、理研が最高点を獲得したことが分かった。

 開発主体として立候補していた研究機関は、理研と、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、海洋研究開発機構(JAMSTEC)、日本原子力研究開発機構(JAEA)、物質・材料研究機構(NIMS)の5つ。理研は、スパコンの開発実績や、300億円以上の大型プロジェクトの実施実績など、6つの評価指標でいずれも1位を獲得した。

 今回の結果を受け、同ワーキンググループは10月24日に「京速計算機システムの開発主体に関する提言書」をまとめる予定。文部科学省は、これを受けて年内に理研への開発委託を正式決定する。

 京速計算機システムは、「地球シミュレータ」の250倍超の処理速度を持つスーパー・コンピュータ。文部科学省はその開発に5年間で約1000億円を投じる計画である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る