• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

シンクライアント普及のため米ワイズが新たな施策

安藤 正芳=日経コンピュータ 2005/09/26 日経コンピュータ

 「半年以内にシンクライアントを普及するために二つの施策をうって、日本におけるシンクライアント市場のシェア50%を狙う」——。シンクライアント端末の販売台数で世界有数のシェアをほこる米ワイズ・テクノロジーのジョン・キシュ社長兼CEO(最高経営責任者)は意気込む。同社は9月に日本法人を設立。販売や技術サポートを強化し、日本国内のシンクライアント端末市場に本格的に参入する。

 一つは、既存のパソコンにインストールすればハードディスクなどにアクセスできなくなりシンクライアント端末となるソフトウエアを販売する。もう一つは、既存のパソコンにUSBキーやPCカードを差し込むと、USBキーなどに格納した専用OSが立ち上がり、シンクライアント端末として稼働する製品の販売である。

 両製品ともにシンクライアント端末化したあとは、同社が開発した「Blazer OS」で稼働する。新たに端末を買わずに安価にシンクライアントの利用環境を構築できるので、「まだ導入していない中小企業に向く」(キシュ社長)という。

 同様のソフトとして、OSにLinuxを使いUSBキーで端末をシンクライアント化する製品が、NTTコムウェアや米ノベルなどから販売されている。しかし、キシュ社長は「当社のBlazer OSは起動速度や価格面で他社に負けない強みがある」と自信を見せる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAはどうやって機能を組み替えるのか

     FPGAは、端的に言えばSRAMと配線の塊と言っても間違いではない。SRAMとはランダムアクセス可能なメモリーの一種で、記憶保持のための動作を必要としない点が特徴だ。なぜ、SRAMを使って回路が作れるのか、といったFPGAの本質的な話を今回は解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る