• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

2010/03/05 日経Linux
日経Linux
2010年4月号
2010年3月8日発売
定価:1490円
付録DVD-ROM
・Ubuntu 9.10 日本語版
・Fedora 12 DVD版(Re-spin)
ご購入はこちらから

特集1 7ステップで中級まで一気!
Linux完全入門
 「Linuxに興味はあるが入りにくい」「Linuxを使ってみたがやっぱり難しい」――こうした“Linuxの壁”を本特集で取っ払いたい。フリーソフトの活用や周辺機器の接続など、実際に役立つことを7つのステップで実践する。徐々にレベルを高める実践を通し、初めてLinuxを触る人でも、コマンドを使ってLinuxを操れる中級者になれる。表面的なノウハウだけではなく、内部の仕組みもやさしく解説する。
  • Step1 最新Linuxを触って体感しよう
  • Step2 Linuxをインストールしよう
  • Step3 好みのフリーソフトを導入しよう
  • Step4 コマンドで自在にLinuxを操ろう
  • Step5 周辺機器を接続しよう
  • Step6 起動プロセスを理解し高速化しよう
  • Step7 ネットワークに接続しよう

特集2 Gumblarなどから自宅を守る
ウイルス対策、ゲートウェイ構築法
 Gumblar(ガンブラー)など、流行しているほとんどのウイルスは、Windows向けである。Linuxマシンに直接感染することはないが、自宅で使っているWindowsパソコンが危ない。最近ではウイルスを送り込む方法も多様化しており、ウイルス対策ソフトだけでは不十分である。そこで、Webコンテンツフィルタリングとスパムフィルタリング機能を含んだウイルス対策ゲートウェイをフリーソフトで構築する。

特別企画  
AmazonEC2互換
プライベートクラウドを作ろう
 ネットワークを介してコンピュータリソースを必要に応じて利用するクラウドコンピューティング――。Amazon EC2など商用サービスが注目されていますが、「クラウド」を自作することもできます。クラウド構築ソフト「Eucalyptus」(ユーカリプタス)を使って、Amazon EC2と互換性がある“プライベートクラウド”の構築に挑戦します。

連載  
対話式でやさしくマスター 初歩からのLinux
 Linuxを初めて触る「おじいちゃん」と「鈴ちゃん」に,エンジニアの「博志くん」がやさしく手ほどきします。最終回は,ファイルの圧縮とアーカイブの管理について学びます。
最終回 テーマ1●ファイルの圧縮/解凍 テーマ2●tarコマンドによるアーカイブの管理

Linuxレポート
KDE SCに名称変更後の新版リリース、ウインドウマネージャなど大幅改良
2つのモバイルLinuxが統合へ、MoblinとNokiaのMaemoがMeeGoに

特選フリーソフト
▽ Fresh Reader
サーバーでRSSを管理
▽ MP3 Diags
MP3ファイルの診断や修復が可能

基 礎 講 座
GUIの基本が分かる X Window Systemを知ろう(第1回) NEW
設定の基本

一問一答で腕試し 目指せ!LPIC合格(第1回) NEW
レベル1対策「システムアーキテクチャ」、レベル2対策「Linuxカーネル」

個人でも利用できる 最新Linux RAIDを極める(第1回) NEW
RAIDの基本とLinuxでの実装

実践OpenOffice.org活用(最終回)
Calcで運賃自動計算シートを作ろう

基礎から最新まで サーバー管理入門(最終回)
サーバー監視の基本

応 用 講 座
システムトラブル解消 実践テクニック(第1回) NEW
準備編:ログ管理とサーバー負荷状況の調査

ハード解析によるLinuxドライバの作り方(第1回) NEW
ハードウエアを知る

まつもとゆきひろ 技術を斬る(第10回)
ノンブロッキングI/O

付録DVD-ROM Linuxディストリビューション「Ubuntu 9.10 日本語版」(ブータブル)、「Fedora 12 DVD版(Re-spin)」(ISOイメージ)、サーバー型RSSリーダー「Fresh Reader」、記事関連コンテンツなど

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    機械学習で変わるBIツール、データの関連性を自動発見

     企業の利用部門が自分でデータ分析をするためのBIツールである「セルフサービスBI」で、機械学習の活用が始まっている。エンドユーザーは専門家であるデータアナリストに比べると、システムや分析に詳しくない。これを補うように、機械学習が専門家のノウハウを肩代わりするのが、セルフサービスBIの新しい流れだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る