• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxキーワード

ブート・マネージャ

Boot Manager

畑 陽一郎=日経Linux 2007/03/12 日経Linux
図1 ブート・マネージャの仕組み。パソコンの電源が入ると,最初にBIOSが実行される。BIOSはオレンジ色で表されたMBRに制御を渡し,MBRのプログラム領域に含まれたGRUB(stage1)が,ブート・マネージャ本体であるGRUB(stage2)を呼び出す。さらに別のブート・マネージャ(Windows Boot Manager)などに制御が移ることもある。
図1 ブート・マネージャの仕組み。パソコンの電源が入ると,最初にBIOSが実行される。BIOSはオレンジ色で表されたMBRに制御を渡し,MBRのプログラム領域に含まれたGRUB(stage1)が,ブート・マネージャ本体であるGRUB(stage2)を呼び出す。さらに別のブート・マネージャ(Windows Boot Manager)などに制御が移ることもある。
[画像のクリックで拡大表示]

 ブート・マネージャとはハード・ディスクの先頭領域に記録されたブート・ローダーから直接呼び出される小さなプログラムで,複数のOSをメニュー表示し,ユーザーの指示に従って起動し分ける働きを備えています。WindowsやLinuxではテキスト・ベースですが,商用のブート・マネージャにはGUIを備えたものも存在します。

 標準として利用されるブート・マネージャは,LinuxではGNU GRUB(Grand Unified Bootloader)やLILO(Linux Loader),WindowsではWindows Boot ManagerやNTLDR(NT Loader)です。これらはいずれも,ブート・マネージャとブート・ローダーの両方の機能を備えています。

 ブート・ローダーは,ハード・ディスクの先頭セクタを占めるMBR(Master Boot Record)に含まれています。MBRにはどのパーティションが起動可能か(OSがインストールされているか)を示す情報,各パーティションの位置情報が記録されています。

 しかし,MBRに格納できるプログラムは最大でも446バイトに制限されているため,単一のOSを起動することはできても,メニューを表示する,対話的な処理をするなど,複数のOSを切り替えて起動することは難しくなります。

 このため複数のOSを切り替えて起動するデュアル・ブートなどには,GRUBなどのブート・マネージャが必須になります。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る