• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

事例データベース

聖路加国際病院
診療データの分析用にデータウエアハウスを構築

池上 俊也=日経SYSTEMS 2010/02/22 日経SYSTEMS

 聖路加国際病院は、電子カルテの診療データの抽出・蓄積・分析用に、データウエアハウス(DWH)を構築する。稼働開始は2010年3月から。

 新システムは、既存の電子カルテ・システムの複数のデータベースから、疾患や症状、年齢や性別など患者プロフィールといった診療データを抽出し、専用のデータベースに蓄積するもの。格納したデータは、医師らがさまざまな軸で分析できるようにする。

 DWH用のデータベースには、サイベースの「Sybase IQ」を採用。同院ではこれまで、Microsoft Accessを利用して診療データを抽出・蓄積・分析していたが、データ量の増加とともに、抽出時間が膨らんでいた。DWH専用のデータベースであるSybase IQの導入によって、データの抽出時間を大幅に短縮したい考え。

 導入は、聖路加国際病院の情報システム部門で手掛けた。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    ネットで集めたデータはAI学習に使えるか?

     「企業内でディープラーニング(深層学習)を手掛けようにも、現状は手足を縛られているような状態だ」――。2017年5月24日、愛知県で開催された人工知能学会全国大会の公開セッションで、質問に立った企業の技術者が切実な声を挙げた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る