• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

事例データベース

IMJネットワーク
仮想サーバー・ソフト「Virtual Iron」を導入

森山 徹=日経SYSTEMS 2007/05/09 日経SYSTEMS

 ホスティング・サービス「GrowServerサービス」を展開するIMJネットワークは,仮想サーバー・ソフト「Virtual Iron」を導入した。サーバー上に利用者ごとに異なるパソコン環境を提供するサービスにおいて,仮想サーバー・ソフト「VMware ESX Server」から乗り換える。「Virtual Ironを評価した結果,VMwareとそん色ない性能や信頼性が確認できたので,5月中旬から順次切り替えていく」(ITサービス部 GrowServerグループ 酒井統史氏)。

 このサービスは,サーバー機に仮想サーバー・ソフトを搭載して,仮想サーバーを実現。各仮想サーバー上でWindows XPを稼働させ,それをクライアントが利用する。VMwareからVirtual Ironに乗り換えることで,仮想サーバー・ソフトのコストが数分の一になる計算だ。

 Virtual Ironは,オープンソースの仮想サーバー・ソフト「Xen 3.0」をベースに,性能向上などを図った製品。IMJネットワークでは,2006年末から評価を続けてきた。

 Virtual Ironは,ブレード・サーバー「HP BladeSystem c-Class」上で稼働させる。1ブレード当たり,クアッドコアのIntel Xeonプロセッサを2基,メモリー16Gバイトを搭載。1ブレードに付き,20台の仮想サーバーを配置する予定である。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    まずは最も身近なトイレをIoT化してみよう

     IoTの本格導入を阻む1つめの「IoTの効果や使い方が、まだよく分からない」という壁を乗り越えたいITエンジニアにお勧めなのが、まず自分にとって、そして誰にとっても身近なモノをIoT化してみることだ。その代表例として今、IoT化が進んでいるのがトイレだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る