• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

インタビュー&トーク

Surface Pro 3はMacBookやiPadにとって最も恐ろしい存在

米マイクロソフト Surface&Windows Hardwareセールス&マーケティング担当ジェネラルマネージャー ブライアン・ホール氏

井原 敏宏=日経コンピュータ 2014/06/04 日経コンピュータ

 日本マイクロソフトは2014年6月2日、「Surface Pro 3」の発表会を開催した(関連記事)。発表会には米マイクロソフトのブライアン・ホールSurface&Windows Hardwareセールス&マーケティング担当ジェネラルマネージャーが登壇。「Surface Pro 3はこれ1台でノートPCとタブレットを置き換えられる」と強調する。企業ユーザーから見たSurface Pro 3の強化点などについて、ブライアン・ホール氏に話を聞いた。

(聞き手は井原 敏宏=日経コンピュータ


写真●米マイクロソフト Surface&Windows Hardwareセールス&マーケティング担当ジェネラルマネージャーのブライアン・ホール氏
[画像のクリックで拡大表示]

Surface Pro 2では企業ユーザーからどのようなフィードバックがあったのか? それを受けて、Surface Pro 3ではどのような機能強化をしたのか?

 Surface Pro 2に対するフィードバックは、一般の社員とIT部門の社員で異なっていた。一般の社員から寄せられた主な意見は一般消費者と同じで、「もう少し薄く、軽くして、画面サイズは大型にしてほしい」というものだった。一般消費者との違いとしては「デスクトップ画面で使用する業務アプリケーションをより使いやすくしてほしい」「タッチペンでより多くのことができると良い」という声があった。

 IT部門からは機能面で多くの要求があった。画面サイズの拡大に加えて、美しい形状が求められた。それによってビジネスチャンスが広がるという意見があった。

 これらの意見を受けて、Surface Pro 3では同Pro 2に比べてより薄く、より軽くするとともに、画面サイズを大型にした。PCとしてはWindowsの機能をフルに使いこなせる処理能力を備え、タブレットPCとしては他のどの製品と比べても美しい形状に仕上がっている。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ これまで「iPadとノートPCの両方が必要だ」と...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る