• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

インタビュー&トーク

通信事業者の課金やローミングのデータ処理、コンフィギュラブルなシステムで解決へ

独エンタレスト
CEO
アンドリュー・タン氏

高橋 健太郎=日経コミュニケーション 2013/12/27 日経コミュニケーション

 独エンタレストは、通信事業者の課金やローミングなどに伴うデータ処理を行うシステムを提供する企業だ。従来のソリューションには大きな課題があり、同社はそれを解決することで市場に受け入れられている、と主張する。同社の製品は、欧州の大手通信事業者を中心に採用が進んでいる。2008年にはソフトバンクモバイルにも導入され、日本国内の他の通信事業者にも採用されているという。CEOのアンドリュー・タン氏に話を聞いた。

(聞き手は高橋 健太郎=日経コミュニケーション)

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ どのような製品を提供しているのか。独エンタレスト...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る