• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

インタビュー&トーク

サイバー攻撃の進化とセキュリティ対策意識に大きな乖離

ファイア・アイ 最高技術責任者 三輪信雄氏

鈴木恭子=ITジャーナリスト 2013/12/06 ITpro

 Windows XPのサポート終了が間近に迫っている。企業は新OSへの移行作業を進めてはいるものの、期限までに移行作業が完了しない企業も少なからず存在する。総務省CIO補佐官で、2013年9月にセキュリティ対策会社ファイア・アイのCTO(最高技術責任者)に就任した三輪信雄氏に、Windows XPを使い続けるリスクと日本を取り巻くセキュリティの脅威について聞いた。

(聞き手は鈴木恭子=ITジャーナリスト)


マイクロソフトによるサポートが終了する2014年4月までに、Windows XPから新OSへの移行が間に合わない企業も少なくないようです。サポート切れのOSを使い続けると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ XPを利用し続ける企業は攻撃者には格好のターゲッ...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    ラオスの古都、そして世界も日本も席巻する中国アプリ

     9月末、遅い夏休みを取って「ラオス」へ旅をしてきました。急に行き先を決めたこともあり、ガイドブックすら読まずに下調べゼロで入国。「一体現地に何があるんだろう」「水は飲めるのか」「治安も不安だ」――。様々なネガティブイメージが頭によぎりつつタラップから降り立った場所は、古都ルアンパバーン。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る