• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Android対談

人気Androidゲーム「ワンダのレプリカ島」開発者が語る“個人作品への思い”

グーグル デベロッパー アドボケイト Chris Pruett氏

2010/08/06 ITpro

 Chris Pruett氏は、日本在住の開発者である。グーグル勤務のかたわら、自主制作ゲーム「ワンダのレプリカ島」をAndroidアプリケーションとして開発した。
 「ワンダのレプリカ島」は110万以上のダウンロード数を記録し、Android上の人気ゲームとなっている。また、ソースコードはApacheライセンスによりオープンソースソフトウエアとして公開されている。
 ゲームの背景設定は複雑だ。主人公は記憶を失ったロボットで、Androidのマスコットキャラクターが使われている。主人公の前に現れるのは、指示を与えてくれるカボチャノミズ博士と、謎めいた少女、ワンダ。冒険と戦いを続けるうちに、過去の記憶がよみがえり、この世界の別の姿が顔を見せはじめる。

写真1●「ワンダのレプリカ島」の開始画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●登場人物、カボチャノミズ博士。主人公のAndroidに指令を与える
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●登場人物、謎の少女ワンダ
[画像のクリックで拡大表示]

 このように複雑なストーリー展開を見せるゲームだが、外見は昔懐かしい横スクロール型ゲーム。迷路のような洞窟をくぐりぬけ、謎の敵や、断片的な情報を探し求める旅が続く。

写真4●複雑な地下通路を、敵キャラクターを倒しつつ抜けていく
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●戦闘シーン
[画像のクリックで拡大表示]
写真6●Androidが地上でワンダに出会う場面
[画像のクリックで拡大表示]

 このゲームを作り上げたChris Pruett氏と、元同僚でもある安生真氏の対談の形で、「ワンダのレプリカ島」ができあがるまでの話を聞いた。

(司会、構成は星 暁雄=ITジャーナリスト)

「Java言語でゲームを作る」ことが最初のチャレンジ

安生:今日は、一人の開発者として、自分が開発したゲームの話を聞かせてくれますか?

Pruett:実は、Java言語でゲームを作るのは今回が初めてでした。それまでJavaで本格的に開発したことがなかったので、Javaでゲームを作るとはどういうことなのか、というところから始めなければならなりませんでした。結局、最後には「これはC++だ」と意識を切り替えたところから、開発がスムーズに進みました(笑)。

 もちろん、Java特有の知っておかなければいけない事はありました。例えばメモリアロケーションを多用するとGC(ガーベジコレクタ)が動いてゲームに影響してしまうとか。

ゲーム専用機の上で開発する場合、ゲームコンソールとソフトウエアの間にはなにもなく、OSなどに触ることは普段はありません。まさに、ハードウエアの上に直接ゲームを作っていく感覚です。それがAndroidでは大きく変わりました。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ UI開発は、ゲーム機よりAndroidの方が楽
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る