• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

SNSと企業の一歩進んだ付き合い方講座

SNSで始まった「マーケティング基盤」への進化

熊村 剛輔=アドビシステムズ 2014/05/27 ITpro

  FacebookをはじめとしたSNSが、今後ますます広告媒体としての色合いを強めていく――。そう思わせるニュースが、先週(2014年5月中旬に)立て続けに入ってきた。

 まずフランスの広告大手ピュブリシス・グループとFacebookがデジタルマーケティング契約を結んだ。これは数億ドル規模で複数年にわたる大きな契約と言われており、FacebookだけではなくFacebook社が所有する写真共有アプリをベースにしたSNSである「Instagram」に表示される動画広告も対象になる。

 続いて画像共有SNS「Pinterest」を運営する米Pinterest社が、アカウントのパフォーマンス解析などが可能となる「ビジネス・インサイトAPI」を一部のマーケティングテクノロジー企業に公開し始めた。これはPinterestがユーザー向けに公開しているアクセス解析ツール「Pinterest Analytics」の機能を、サードパーティー製のツールに実装できることを意味している。

 Pinterestは、以前からAPIの公開には非常に慎重で厳しい基準を設けてきた。こうした経緯を考えると、これは非常に大きな第一歩と言えるだろう。

 Pinterestと言えば、もう一つ大きなニュースがあった。米Pinterestの日本法人であるピンタレスト・ジャパンが、電通との業務提携を発表したのだ。今後電通は、日本でPinterestのビジネス戦略パートナーとして市場分析やコンサルティングを手がけ、日本国内でのPinterestのPR活動を積極的に支援していくだろう。

 冒頭で述べた「SNSが広告媒体としての色合いを強めていく」動きとは、ピュブリシス・グループとFacebookのデジタルマーケティング契約とPinterestのビジネス・インサイトAPIの公開に象徴されている。ただこれらは日本ではそれほど大きくは語られていないようだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ピュブリシス・グループは、Facebookとのデ...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    IT業界でいまだにあるある?プロジェクト迷走記

     中堅F:この春にうちの部署に配属になってもう3カ月たったけど、仕事は順調かい? 新人O:はい、何とかやっています。でももうすぐ夏期休暇でホッとしています。でも先輩は元気がないですね。 中堅F:取引先といろいろあってね。「なんでこんなに理不尽な目に遭うんだ!」って思うことがときどきあるんだ。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る