• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ゲーム業界を変えるクラウド化の波

完全なクラウド活用型のゲームに注目集まる

中村邦明=情報通信総合研究所 2014/06/02 日経コンピュータ

 ここ数年で、暮らしや仕事のあり方を一変させた「クラウド化の波」が確実にゲーム業界にも押し寄せている。ゲームの処理をクラウド上で行い、様々なデバイスでのプレイを可能にする「クラウドゲーム」の市場が、従来の専用機によるゲームやブラウザーゲーム、スマートフォンのゲームアプリの次の座を狙い、立ち上がろうとしているのだ。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは2014年1月8日、プレイステーションのクラウドゲーム「PlayStation Now」を2014年夏から提供開始すると発表した。このような「クラウドを活用したゲームサービス」の発表は、2013年以降、ゲーム業界を中心に相次いでいる。

 2013年6月に米国・ロサンゼルスで開催された世界最大のゲーム関連カンファレンスの一つ「E3(Electronic Entertainment Expo)」では、ソニーや米マイクロソフトがクラウドを活用したゲーム戦略を発表した(図1-1)。日本でも、2013年4月にブロードメディアがクラウドゲームプラットフォーム「G-cluster」を発表。同時期に、NTTドコモとスクエアエニックスが共同で、タブレット向けのクラウドゲームの提供を開始するなど、多くの動きがあった。

図1-1●ソニーなど大手がクラウドゲームに本腰
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド時代におけるコンテンツサービスは、従来の業界の構造を大きく変化させるインパクトを持つといえる。その代表例が音楽業界である。既に音楽業界では、「ハード」(CD)販売中心のビジネスから「ソフト」(MP3、ストリーミング)配信中心のビジネスへとシフトしはじめている。

 クラウドゲームもこれと同様のインパクトをもたらす可能性がある。クラウドゲームが本格化すれば、ゲーム専用機とゲームコンテンツの関係が薄れ、従来のゲーム機やゲームパッケージ販売のビジネスから、ゲームコンテンツ配信ビジネスへと変化することになる。クラウドゲームの本格化は、音楽業界と同様に、ビジネスモデルからマネタイズの手段まで、様々な構造的な変化をゲーム業界にもたらすだろう。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 専用機なしでいつでもどこでもゲームが可能
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【GWスペシャル2017】

    試してみよう!五月病にならないGWの過ごし方

     五月病は、ゴールデンウイーク(GW)明けに発症する病気だ。うつ病に似たもので、抑うつや無気力、不安や焦りなどの症状が現れる。放っておくと出社できなくなることも。五月病にならないGWの過ごし方を、IT企業などで健康指導を行う保健師・金橋治美氏に聞いた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る