• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

失敗しない!モバイル業務アプリ開発の勘所

デバイスとサーバーの役割分担、重要なデータ処理モデルの選択

末次 章=スタッフネット 2014/05/22 ITpro

 今回はアプリケーションの要件にあったデータ処理モデルを決定します。処理モデルとは、データ処理や画面生成をモバイルデバイスとサーバーのどちらが実行するかを定めることです。このモデルを決定することで、アプリの開発環境や実行環境が絞り込まれます。

データを処理する三つのモデル

 データ処理モデルには、画面転送型、Webブラウザ型、スタンドアロン型の3種類があります(図1)。

図1●3種類あるデータ処理モデル

 画面転送型は、サーバーでデータ処理と画面生成を実行するもので、モバイルデバイスは転送された画面イメージを表示します。デバイス内にデータを保存しないため、モバイルデバイスでよくある紛失や盗難といった課題に耐性があります。

 スタンドアロン型は、モバイルデバイスがデータ処理と画面生成を実行するもので、サーバーはモバイルデバイスからの要求に応じて処理を実行します。高速な画面遷移や内蔵カメラ制御などをネットワークに依存せず端末内で処理するため、操作性や機能性に優れています。

 Webブラウザ型は、画面転送型とスタンドアロン型の中間といえます。HTMLデータをやり取りし、Webブラウザに表示するものです。サーバーはデータ処理を実行し、モバイルデバイスに表示させたい画面をHTMLで生成して、モバイルデバイスに送ります。モバイルデバイスでは受け取ったHTMLを基に画面を生成します(図2)。

図2●3種類あるデータ処理モデルのそれぞれの特徴

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 以下ではそれぞれの方式を詳しく解説します。1.セ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    インドIT大手が米クラウド専業を買収した理由

     米アピリオが、事業戦略の転換を図っている。米セールスフォース・ドットコムなどのクラウドサービスを活用したシステム開発で実績を積んできたが、インドのIT大手ウィプロが買収。今後は、ウィプログループのクラウド事業の牽引役としての役割を果たす。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る