• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

失敗しない!モバイル業務アプリ開発の勘所

まず画面サイズを決める、用途に適したハードウエアの選び方

末次 章=スタッフネット 2014/05/20 ITpro

 今回はモバイルの業務利用にあたって最大の課題となる、利用用途に適したハードウエアの選択について、考え方を整理します。

 ハードウエアの選択とは、業務アプリケーションの画面サイズとOSを決めることです。画面サイズは操作性や画面デザインを左右し、OSは開発環境や実行環境に影響します。

 モバイルデバイスを使った業務アプリではユーザーの操作性が非常に大きな意味を持つので、まずはデバイスタイプ(画面サイズ)の絞り込みから始めます。

デバイスタイプの絞り込み

 モバイルデバイスの選択肢には、スマートフォン、ミニタブレット、タブレットがあります。ここで、端末の表示量及び文字入力の難易度と、携帯性はトレードオフの関係にあります。企業にとって両者のバランスを取ることは難しい問題となります(図1)。

図1●デバイスタイプによる表示量、文字入力、携帯性の違い

 タブレットで標準的なビジネス文書(A4用紙、 文字サイズ10ポイント)を全画面表示した場合、文字がやや小さく表示されるものの、そのまま閲覧することができます。ミニタブレットではかなり見づらくなり、スマートフォンに至っては拡大なしに文字の判別は不可能となります。

 文字入力については、スマートフォンが指1本での入力が一般的なのに対し、タブレットとミニタブレットではソフトウェアキーボードのサイズが大きくなるため、両手を使った高速な文字入力が可能になります。特にタブレットで画面を横方向にした場合、PCの標準キーボードと同程度のサイズとなり入力が容易になります。

 つまり、表示と入力という基本機能は、画面が大きなモバイルデバイスが有利です。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ その一方で、画面が小さいスマートフォンは身につけ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    ラオスの古都、そして世界も日本も席巻する中国アプリ

     9月末、遅い夏休みを取って「ラオス」へ旅をしてきました。急に行き先を決めたこともあり、ガイドブックすら読まずに下調べゼロで入国。「一体現地に何があるんだろう」「水は飲めるのか」「治安も不安だ」――。様々なネガティブイメージが頭によぎりつつタラップから降り立った場所は、古都ルアンパバーン。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る