• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

世界のセキュリティ・ラボから

Windows XPを使い続けるユーザーへ5つのアドバイス

2014/04/18 日経コミュニケーション

 世界のセキュリティベンダーのブログから、押さえておきたい話題を紹介する。今回は、まず、4月8日にサポートが終了したWindows XPの話題からだ。スロバキアのイーセットが、Windows XPからの移行が間に合わなかったユーザーのためとして、コンピュータを保護するための5つの注意点をブログで説明している。

1.必ず定期的にファイルのバックアップを取ること。また、年に数回、できれば別のコンピュータを使ってバックアップ復旧のテストを行うこと。

2.使用しているWindows XPが最新のものであるか確認すること。マイクロソフトは今後、新たなアップデートを公開しないが、過去のアップデートは依然入手できるので、すべて適用することが望ましい。デバイスドライバーについても同様のことが言える。

3.アプリケーションソフトウエアも、過去のパッチをすべて適用し、最新の状態にすること。Adobe FlashやAdobe Reader、Javaなどはマルウエアの標的にされやすいため、OSと同様に気を配る必要がある。

4.マシンをインターネットに接続する必要がないのであれば、接続を切るか無効にして、インターネット非接続の同一ネットワーク上のマシンとしか接続できないようにする。そうすれば、インターネットベースの脅威が直接Windows XPパソコンを攻撃することはできない。

5.セキュリティソフトウエアを確実に最新の状態にする。Windows XP向けのセキュリティプログラムは多数あり、そのほとんどの開発者は今後数年間サポートを継続する意向を示している。

 なお、これらは当面の対策であり、いずれはWindows XPから移行しなければならない。イーセットは、「コンピュータの買い換えやソフトウエアのアップグレードは費用がかかるが、古いコンピュータの不具合や重要なデータの流出などにより事業が閉鎖に追い込まれる危険性を考えれば、予算を捻出して移行したほうがましだ」としている。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ UPATREの新しい手口、スパムファイルにスパム...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    エンジニアが知っておきたい夏バテ撃退法

     暑い日が続く2017年の夏。「夏バテ気味だ」と感じる読者は多いかもしれない。なかには猛暑で体力を奪われ、食欲が落ちている人もいるだろう。そこでこの夏休みスペシャルでは、IT企業でエンジニア向けの保健指導を務める金橋治美氏(保健師)に、夏バテを解消する夏休みの有意義な過ごし方を聞いた。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る