• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
クライアントOSS活用最前線

XPからの移行時にメールソフトを見直す━━Sylpheed編

 今回は「Sylpheed」 というオープンソースのメールソフトを紹介します。Sylpheedは1999年ころから、筆者(山本博之)が中心となって開発している国産のメールソフトです。高速・軽量で、シンプルかつ高い操作性を備え、誰でも簡単に使えるのが特徴です。

 Sylpheedは、もともとLinuxで動作するメールソフトとして開発されたものですが、現在はWindowsをはじめとする多数の環境に対応しています。また、30カ国語以上の言語に対応しており、世界中で利用されています。

軽快な動作が最大の魅力

 Sylpheedは、2000年1月1日にバージョン0.1が公開されました。その後、2004年12月に1.0、2005年7月に2.0、2010年2月に3.0とメジャーバージョンアップを続けてきました。現在、正式リリース版としては3.4がリリースされています。

 Sylpheedは、何といっても動作が軽快なことが最大の魅力。軽量な実装となっているため、多少古いマシンでもストレスなく動作します。全体もしくはフォルダごとのメール数やサイズの上限などもなく、大量のメールも問題なく扱えます。

 メールソフトにとって最も重要な要素である「安定動作」と「データの保全」についても、最大限に配慮しています。1フォルダ内に数万通のメールを保存しても安定性は損なわれません。また、受信中にアプリケーションを強制終了してしまっても、受信中のメールが消えたり、メールボックスの状態に矛盾が生じたりしない設計となっています。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ Sylpheedでは、設定ファイルやメールデータ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る