情報システムのトピックス-PR-

これは面白い! 写真からありえない画像を作り出す

PhotoFunia

2014/04/25
井上 健語=ライター (筆者執筆記事一覧
出典:PC online 2013年5月9日
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 自分が映画の主人公になったり、雑誌の表紙を飾ったりという、ありえない画像を作り出すサービスが「PhotoFunia(フォトファニア)」だ。自分や友人、ペットなどの写真があれば、あっと驚くような画像、しかも思わず「本物では?」と思ってしまうほど自然な画像を作り出せる。作った画像は、ローカルに保存したり、FacebookやTwitterで共有したりすることも可能だ。プライベートで楽しむのはもちろん、クリエイティブ系の仕事をしている人にも、活用方法はあるのではないだろうか。例えば、ビジネスシーンでは、Facebookのアカウント画像や名刺の顔写真に使うと、そこから会話が弾んだりするかもしれない。

 Webサービスだけでなく、iPhoneやAndroid、Windows 8/RT向けのアプリも出ている。

[画像のクリックで拡大表示]

映画の主人公や絵画、街の風景に自分の写真をはめ込める

 PhotoFuniaは、自分の顔写真やペットの写真などを使って、驚きの画像を作り出せるサービスだ。映画の1シーンや街中のビル壁に映った映像、ストリートアーティストが街角で描いている絵、ホラー映画の主人公……など、300以上のテンプレートにオリジナル写真をはめ込める。しかも、どの画像も仕上がりがとても自然だ。

 まずは、以下の画像を見てほしい。サンプルとして筆者の顔写真を使ったので、その点のお見苦しさは勘弁していただきたいが、ぜひ、これが自分の顔写真だったら、と想像しながら見ていただければと思う。

雑誌の表紙になっている。雑誌のタイトルと左下の文字は設定できる。日本語も問題ない。
[画像のクリックで拡大表示]
指名手配のテンプレート。こちらも日本語で文字を設定できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ホラー映画っぽいテンプレート。アニメーションGIFになっている(別ウインドウで画像を開くと動いているのが分かる)。
燃えているイメージ。
[画像のクリックで拡大表示]

こちらも燃えているアニメーションGIF(別ウインドウで画像を開くと動いているのが分かる)。
街の看板になった。
[画像のクリックで拡大表示]

かなり気持ち悪い……すみません。
[画像のクリックで拡大表示]
こんな画像も簡単に作れる。
[画像のクリックで拡大表示]

ニューヨークでアーティストに絵を描いてもらった……わけではない。
[画像のクリックで拡大表示]
街角の広告に自分の顔が……
[画像のクリックで拡大表示]

ありえない画像の作成方法
次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITproの豊富なコンテンツをご覧ください。

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

日経コンピュータ Digital

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

Cloud Days 2015

クラウド×脱RDBがもたらす真のメリット

【東京】ワークスアプリケーションズ


未来を切り拓くマイクロソフトのクラウド戦略

【東京】日本マイクロソフト


BCP/ディザスタリカバリ強化の構築ポイントは?

【大阪】バラクーダネットワークスジャパン

最新号