• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【configure】Makefileを生成する

中島 能和=リナックスアカデミー 2014/04/15 日経Linux

configure(1)

Makefileを生成する

構文

configure [オプション]

代表的なオプション

--prefix=PREFIXインストール先のトップディレクトリをPREFIXに指定する
--helpconfigureスクリプトで使用可能なオプションを表示する

説明

C言語などのソースから実行ファイルを作成するには、Makefileに基づいたコンパイルが必要である。configureはMakefileを生成するためのスクリプトで、ソースアーカイブに用意されていることが多い。configureスクリプトを実行すると、ビルドに必要なコマンドがインストールされているか、といった環境のチェックを行い、Makefileを生成する。オプションはソースプログラムによって異なるので、使用可能なオプションは--helpオプションで確認する。

使用例

カレントディレクトリにあるconfigureスクリプトを実行する。

$ ./configure

関連事項

make

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る