• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

最新トピックで理解するパソコン法律必須知識33

[プライバシーの疑問]犯罪者の個人情報は暴露していい?夫のメールは読んでいい?

八木 玲子=日経パソコン、監修:西村あさひ法律事務所 山口勝之弁護士 2014/04/03 日経パソコン
出典:日経パソコン 2013年12月23日号pp.45-47
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

犯罪者の個人情報を“さらす”のは問題ない?

 どんな相手でも、個人情報を暴露してはいけません。

 ネット上で、個人情報が暴露されるケースが後を絶たない。無賃乗車など違法行為をSNS上で安易に告白した人などがターゲットになる。

 どんな人でも、その人の立場に立って、一般人の感受性から「公開されたくない」と認められる情報はプライバシー情報に当たる。代表例が住所や電話番号、家族の氏名などの情報。重大事件を起こした犯罪者の情報であっても、暴露はプライバシーの侵害になる可能性が高い。

 政治家などの公人については、一部の情報は対象外となる。ただし自宅の住所など、業務と関係のない情報はプライバシー情報だ。

●他人の個人情報を“さらす”
[画像のクリックで拡大表示]

●公開されたくない情報は全てプライバシー情報
プライバシー情報は、個人の立場に立って一般人の感受性から「公開されたくない」と認められる情報全てが対象。外見上の特徴や学歴、病歴、年収、思想なども含まれる。犯罪者であっても適用条件はほぼ同じ。政治家などの「公人」や大企業の経営者などの「準公人」は、一部情報は対象外
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 他人が写っている写真、勝手に公開してよい?
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    機械学習で変わるBIツール、データの関連性を自動発見

     企業の利用部門が自分でデータ分析をするためのBIツールである「セルフサービスBI」で、機械学習の活用が始まっている。エンドユーザーは専門家であるデータアナリストに比べると、システムや分析に詳しくない。これを補うように、機械学習が専門家のノウハウを肩代わりするのが、セルフサービスBIの新しい流れだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る